バンバン200をサバイバルバイク化作業した際の記録などです。

サバイバルバイク製作所 (Survival Bike with RV-200)

Suzuki Vanvan200(スズキ バンバン200) ガソリンタンク交換 サバイバルバイク(Survival Bike) バンバン200カスタム

ガソリンタンク交換のための塗装 その2

更新日:

ガソリンタンク全体を、
耐水ペーパーでこするのですが、
これも、結構手が疲れる作業でした。。。
プロは、ディスクグラインダーとか使ったりするのでしょうか?

ガソリンタンク足付け

ガソリンタンク足付け

ガソリンタンク足付け

ガソリンタンク足付け


きれいで、しっかりした塗装がもったいないのですが。

ガソリンタンク足付け

ガソリンタンク足付け


こちらも、数回、水で流しながら、一気に行います。
45分くらいかかったでしょうか?
サビないうちに、乾いたタオルで拭いて、乾かします。
で、紐でぶら下げました。
ガソリンタンク下げ

ガソリンタンク下げ


ちょうどボルト穴があってよかったです。
クルクルまわります。

クルクルまわります。


家の周りにも、養生を。
養生

養生


そして、サーっとプラサフをひとふき。

プラサフ塗装

プラサフ塗装


なんか、マダラに。いやな予感。。。
プラサフ塗装

プラサフ塗装


30分ほどおいて、2周目。
ちょっときれいになってきました。
プラサフが乾くまでの間に、
元々のタンクを外します。
タンク内のガソリンを、
別途購入したガソリンタンクに移します。
ガソリンポンプは、ちゃんと耐油製のものを、オートバックスさんで買ってきました。
600円くらいでした。
灯油ポンプでは、溶けてしまうので注意です。
タンクも、ちゃんとしたものを買いました。
耐油ガソリンタンク&ポンプ

耐油ガソリンタンク&ポンプ


実際にガソリンを抜く作業の画像は、取れなかったのですが、
タンク横部の、くぼみ?部のガソリンも、しっかりとります。

タンクを外すために、シートを外します。すっぽりと。

シート外しました。

シート外しました。


コック部のガソリンホースが、固着してしまっていて外れないので、切ってしまいました。

ちなみに、画像を取り忘れていましたが、
エンジン部も、耐熱スプレーで、つや消しブラックに塗装済みです。

ガソリンホース部固着

ガソリンホース部固着

コック部です。

コック部

コック部

ガソリンホース

ガソリンホース

かたや、ガソリンタンクにも、3回目のプラサフ吹きを行いました。

プラサフ3周目

プラサフ3周目


なんだか、すごくキレいに!

また、本体に戻り、ガソリンタンクの受け部を交換します。

ガソリンタンク受け

ガソリンタンク受け


直径は、ピッタリ。高さはちょっと高めのものです。
タンク受け比較

タンク受け比較


タンク受け比較

タンク受け比較


デフォルトの倍くらいの高さがほしいです。
はめても、ぴたり。
良かった。
タンク受け

タンク受け



-Suzuki Vanvan200(スズキ バンバン200), ガソリンタンク交換, サバイバルバイク(Survival Bike), バンバン200カスタム

Copyright© サバイバルバイク製作所 (Survival Bike with RV-200) , 2018 All Rights Reserved.